神戸大学の学生・同窓生を結ぶサービス kobe-u.com
kobe-u.com - Kobe University Community -
  神戸大学ホームページへ
            神戸大学   ホームページへ
学友会のご紹介
学友会とは
ニュース
学友会事務局ニュースレター
学友会会長就任ご挨拶
学友会支部
支部登録申請書
学友会会則
学友会細則
学友会常任幹事会要項
相談役・幹事一覧
同窓会・支部事務局一覧
【神戸大学学友会事務局】
〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1
神戸大学企画部卒業生課内
TEL : 078-803-5042
FAX : 078-803-5024
休業日:土曜日、日曜日、
祝・休日、年末年始
(12月29日〜1月3日)
コンテンツ
事業会ニュース
学友会
同窓会
同窓会住所変更
サークル
神戸大学お医者さん検索
ホームページ制作
会員サービス
入会案内
会員サポート
インフォメーション
kobe-u.comは、個人情報保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記
   
お知らせ

                学友会会長就任のご挨拶         

                                                             原 俊雄(昭和48年理学部卒)

 神戸大学学友会の会長という大役を拝命致しました原俊雄です。中村直彦 副会長(兼)幹事長、久保雅義 副会長、平松秀則 監査、水池由博 監査と共に力を合わせて、精一杯努力しますので、学友会の会員、各同窓会の会員、各学友会支部の会員の皆様方の温かい御指導と御鞭撻を賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

 学友会会長就任に当たって、歴代の会長のお名前を拝見しました。それを以下に記します。

 大谷 一二  (凌霜会)       昭和54年     〜平成 8年6月30日
 新野 幸次郎(凌霜会)      平成 8年7月1日〜平成21年3月31日
 高ア 正弘  (凌霜会)      平成21年4月1日〜平成25年3月31日
 田中 初一  (工学振興会) 平成25年4月1日〜平成29年3月31日

  学長、銀行頭取等を歴任された方もいらっしゃり、正に大人物が学友会会長としてご活躍されてきました。それに比べると、今回の会長は、すこぶる小物です。その小物を会長に選んだ学友会幹事会の皆様は、小物故の小回りのきく特性を活かして、学友会、各同窓会および各学友会支部の活性化を迅速に進めよ、との叱咤激励と受け止めています。

 学友会の目的は、「各同窓会と相互に補完し、柔軟な運営を目指す連合体であることを基本理念として、相互の交流と親睦を図るとともに、母校神戸大学の発展を支援し、もって我が国の教育研究・学術発展に寄与すること」(神戸大学学友会会則第5条)です。その目的を達成する事業として神戸大学学友会会則第6条で、 (1)各同窓会が行う諸活動を支援する事業 (2)学友会支部が行う諸活動を支援する事業 (3)神戸大学における教育研究活動を支援する事業 (4)その他前条の目的を達成するために必要な事業 と規定しています。
  以上の目的・事業を達成するための一つとして、平成28年度に平松秀則常任幹事を議長として同窓会活性化委員会を5回開催し、意見交換と各同窓会の活動状況の情報交換を行いました。それらを参考にして、学友会として実行すべき事と実行できることを整理し、学友会、各同窓会および各学友会支部の活性化に取り組んでいきます。その中には、各同窓会との絆、各学友会支部との絆を強めること、そして財政基盤の強化があります。そうすることで、神戸大学における教育研究活動の支援を大きくできると考えています。

 野上(元)学長、福田(前)学長時代から続いてきた“学長を囲む懇談会”は、学長を支援することを通して大学を支援する活動です。それぞれ、学長の出身学部の同窓会である「紫陽会」と「工学振興会(KTC)」が主催して開催されてきたとお聞きしています。そのご尽力に大変感謝しております。武田学長になり、この2年間は理学部同窓会「くさの会」が主催して開催してきました。平成29年度も「くさの会」の主催で開催します。学長を支援することを通して大学を支援する活動、すなわち“学長を囲む懇談会”は、神戸大学学友会会則第6条(3)を引き出すまでもなく学友会の重要な事業と、小回りのきく小物会長として考えています。できそうなこと、できることから始めます。“学長を囲む懇談会”は、将来的には学長の出身学部の同窓会と学友会が共同主催するのが最善と考えています。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 神戸大学ホームカミングデイは、平成29年度で第12回目を迎えます。大学、学部そして同窓会をあげて素晴らしい企画をたて、多くの卒業生の参加者を集める努力をしてきました。しかし、過去のホームカミングデイでは、卒業生の参加者を集めるのに苦労している学部もあります。多くの卒業生の参加者を集めるには、大学の現職教職員と各同窓会・学友会が情報を共有して改革を進める必要があると考えています。現職教職員と各同窓会・学友会とのコミュニケーションが大変重要課題です。最善策を共に考えていきましょう。

 課題は山ほどありますが、神戸大学の皆様と学友会の会員、各同窓会の会員、各学友会支部の会員の皆様のご協力を得て、小物故の小回りの良さを活かして努力しますので、宜しくお願い申し上げます。

 
       
Excel PDF