神戸大学の学生・同窓生を結ぶサービス kobe-u.com
kobe-u.com - Kobe University Community -
kobe-u.comは神戸大学の学生・卒業生・教職員のためのインターネットサービスです 神戸大学ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです
神戸大学   ⇒
ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです      
コンテンツ
事業会ニュース
学友会
同窓会
同窓会住所変更
サークル
神戸大学就職検索
お医者さん検索
ホームページ制作
会員サービス
入会案内
会員サポート
インフォメーション
お問い合わせ

神戸大学生にメールアドレスを無料開放!

ホームページ制作を引き受けます





SSL グローバルサインのサイトシール
kobe-u.comは、個人情報保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記
   
イベント情報

ここでは神戸大学関連の様々なイベント情報をご紹介しています。

イベント投稿  イベント掲載の希望の方はこちらからどうそ。
過去のイベント情報一覧  過去のイベント情報一覧がご覧いただけます。
お問い合わせ


 イベント情報: 2008年3月
神戸凌霜午餐会第1404回例会 (2008.03.12)
2008年3月、特別火曜会(東京) (2008.03.18)
大阪クラブ3月定例会 (2008.03.18)
「第57回神戸大学木曜会」(東京) (2008.03.27)
第16回学友会東京支部若手の会 (2008.03.27)

(日付は実施日もしくは開始日です)

神戸凌霜午餐会第1404回例会(2008.03.12)

日 時 : 平成20年3月12日(水)12時~14時
場 所 : 湊川神社「楠公会館」2F 青雲の間
       神戸市中央区多聞通3-1-1 TEL:078-371-1800

講 師 : 元関西経済倶楽部経済研究会 
             世話人    岸上  正 氏 (昭 24)

演 題 : 「グローバリゼーションによる世界経済の変貌」

会 費 : 2,500円

 講師はS24年神戸経済大学卒業。吹田商事及び伊藤萬(株)にて貿易業務に従事。伊藤萬(株)監査役を経て、H6年まで(株)エフピコ監査役。
 IT革命を契機とするグローバリゼーションは、広く且つ急速に進展している。この歴史的変革期における、新しい潮流の本質を理解できるか否かによって、国、地域、企業、個人の未来が大きく左右されるのではないか。現に、サブプライム問題を契機とする世界同時株安は、わが国経済に多大な影響を及ぼしつつある。
 今後、世界経済はどうなるのか? これまで一貫して実務家の視点から経済をウオッチしてきた講師に、展望を語っていただくことにしました。


2008年3月、特別火曜会(東京)(2008.03.18)

講師は前神戸大学教授で「暮らしと経済研究室」を主宰する 山家悠紀夫(やんべ・ゆきお)氏。2月に上梓されたばかりの『日本経済 見捨てられる私たち』(青灯社ブックス)をテーマにお話し戴く。講師は著書で、ここ10年、経済格差が広がり人々の暮らしが厳しくなっている反面、大企業は空前の利益を挙げている状況に、「これはなぜなのか、一体どう考えればいいのだろう」と疑問を投げかける。生活がきびしいのは、企業の国際競争力強化のため、やむをえないことなのか。日本経済を救うには構造改革や小さな政府が必要なのか。著書では、問題点が解明され、処方箋が示されている。講師のお話しを聴きながら、皆さんと一緒にこの問題を考えてみたい。
                  記
日 時:2008年3月18日(火)12時~13時 
(11時45分頃から昼食)
場 所:神戸大学東京凌霜クラブ 
    東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビルB2
演 題:「日本経済 見捨てられる私たち」
講 師:山家 悠紀夫(やんべ・ゆきお)氏
    1964年 神戸大学経済学部卒業、第一銀行入行
    第一勧業銀行調査部長、第一勧銀総合研究所専務理事、神戸大学大学院経済学研究科教授    を歴任。現在は、暮らしと経済研究室主宰
著 書:『日本経済 気掛かりな未来』(東洋経済新報社)、『景気とは何だろうか』(岩波新書)等多数。
会 費: 4,000円
◎参加希望舎は、3月14日(金)までに、下記E-mail、FAX、電話のいずれかにより、ご連絡下さい。                            
神戸大学東京凌霜クラブ事務局 
E-mail tokyo@kobe-u.com
FAX 03-3211-3147   TEL 03-3211-2916


大阪クラブ3月定例会(2008.03.18)

日時:平成20年3月18日(火)午後6時30分~
場所:当クラブ本館ホールおよびセミナールーム
講師:藤原 規洋氏(S54法卒、毎日新聞社論説委員)
演題:『橋下府政はどこにいく』
会費:メンバー2,500円 3,500円

就任前から次々に斬新な方針を打ち出す一方、路線修正も頻繁な橋下知事。
これは戦略なのか、はたまた移り気な性格の故か?
5兆円の長期負債を抱える府財政の建て直しは急務で、そのメリハリのきいた言動に
期待の声があがる一方、「独断的」「現場を知らなさすぎる」等の批判もでています。
府議会や経済界、平松市長の大阪市との連携は?などについて現場で起きている
摩擦や戸惑い、あるいは期待の声を交えながら探っていただきます。

申込方法等お問い合わせは クラブ支配人まで  
   06-6345-1150 osaka@kobe-u.com


「第57回神戸大学木曜会」(東京)(2008.03.27)

今回は工学部が担当。産業技術総合研究所でロボット、特にヒューマノイドロボットの研究に従事されている比留川博久先生を招き、「次世代ロボットは本当に売れるのか?」と題してご講演戴く。次世代ロボットは、ホンダのヒューマノイドロボットASIMOをはじめとして多数開発されつつある。経済産業省は、現在は7,000億円程度しかない国内ロボット市場が、2025年には5.8兆円に拡大するというバラ色の予測出した。しかし一方で、製造業以外で使われているロボットはほとんど無いのが実状。今回、ロボット産業の現状と、次世代ロボットの実用化の事例を紹介して戴くと共に、今後の展望についてお話しいただく。
                         記
日 時:2008年3月27日(木)午後6時から8時
場 所:神戸大学東京凌霜クラブ(千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル地下2階)
演 題:「次世代ロボットは本当に売れるのか?」
講 師:比留川博久(ひるかわ ひろひさ)先生
1987年、神戸大学大学院自然科学研究科システム科学専攻博士課程修了。学術博士。
同年、通産省工業技術院電子技術総合研究所に入所。後スタンフォード大学客員研究員
等を経て、現在、独立行政法人産業技術総合研究所知能システム研究部門副研究部門長。
 経済産業省「今年のロボット大賞」審査委員等を兼務。
 文部科学技術大臣表彰科学技術賞(研究部門)等を受賞
会 費:5,000円
その他:講演終了後、講師を囲んで懇談会(軽食付き)を行う。
◎参加希望舎は、下記事務局宛にE-mail、FAXまたは電話で3月21日(金)までにご連絡下さい。   

神戸大学東京凌霜クラブ事務局宛 
FAX 03-3211-3147  TEL 03-3211-2916
E-mail tokyo@kobe-u.com


第16回学友会東京支部若手の会(2008.03.27)

今回の若手の会は、2007年に神戸大学大学院法学研究科博士課程を修了された中華人民共和国弁護士の田漢哲(TIAN HANZHE)さんを講師にお招きして、「最近の中国ビジネスの変化」というタイトルでお話しいただきます。田さんは、東京凌霜クラブに近い法律事務所に勤務され、中国法務全般に携わっておられます。今般、中国での知的財産権侵害、労使トラブル、土地の利用等の具体例をもとに中国の最近のビジネスの変化とそれに対応する法務事情等について語っていただきます。なお、田さんは今年2月22日東京で開催された留学生同窓会(神戸大学留学生センター主催)に出席されるなど、東京での同窓会活動に積極的に参加されています。
中国のビジネス法務に造詣が深い講師の体験に即した興味深いお話が聞けると思います。学部、卒業年を問わず、お気軽に参加して下さい。なお、今回からは首都圏に在住・在勤の留学生同窓会のネットワークを通じて、本案内状を送付することになりました。講演終了後は、楽しいインターナショナルなコミュニケーションの“輪”ができることでしょう。
                        記
日 時:2008年4月19日(土)16時~18時
場 所:神戸大学東京凌霜クラブ 東京都千代田区丸ノ内3-1-1帝劇ビルB2
講 師:中華人民共和国弁護士 田漢哲(TIAN HANZHE)氏
略 歴:1988年吉林大学法学部卒、1990年中華人民共和国弁護士資格取得、
1998年中国の弁護士登録、2007年神戸大学法学博士、三宅法律事務所勤務(現職)     
演 題:『最近の中国ビジネスの変化』
会 費:2,000円(ただし、昭和期の卒業生は3,000円)
◎出席希望者は、 4月15日(月)迄にFAX、電話、E-Mailで下記へ。                                    
神戸大学東京凌霜クラブ事務局宛
FAX 03-3211-3147  TEL 03-3211-2916
E-mail Tokyo@kobe-u.com



 
    ホームお問い合わせ
kobe-u.comは神戸学術事業会(神戸大学教職員・卒業生が設立)によって運営されています
2002-2016 (C) kobe-u.com All rights reserved.