神戸大学の学生・同窓生を結ぶサービス kobe-u.com
kobe-u.com - Kobe University Community -
kobe-u.comは神戸大学の学生・卒業生・教職員のためのインターネットサービスです 神戸大学ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです
神戸大学   ⇒
ホームページへ
掲示板 - これは会員制サービスです ウェブメール - これは会員制サービスです メーリングリスト - これは会員制サービスです メール転送 - これは会員制サービスです      
コンテンツ
事業会ニュース
学友会
同窓会
同窓会住所変更
公益財団法人六甲台後援会
サークル
神戸大学就職検索
ホームページ制作
会員サービス
入会案内
会員サポート
インフォメーション
お問い合わせ

神戸大学生にメールアドレスを無料開放!

ホームページ制作を引き受けます



SSL グローバルサインのサイトシール
kobe-u.comは、個人情報保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記
   
イベント情報

ここでは神戸大学関連の様々なイベント情報をご紹介しています。

イベント投稿  イベント掲載の希望の方はこちらからどうそ。
過去のイベント情報一覧  過去のイベント情報一覧がご覧いただけます。
お問い合わせ


 イベント情報: 2019年4月
神戸大学学友会大阪クラブ/大阪凌霜クラブ 4月定例会 (2019.04.16)
神戸凌霜午餐会第1531回例会 (2019.04.10)

(日付は実施日もしくは開始日です)

神戸大学学友会大阪クラブ/大阪凌霜クラブ 4月定例会(2019.04.16)

4月定例会  

日時:平成31年4月16日(火) 19時から

お食事は17時30分からご用意しています。

場所:当クラブセミナールーム

講師:大塚 啓二郎氏(神戸大学・特命教授)

会費:メンバー 3,240円 ビジター 4,320円

演題:「産業開発戦略:アフリカと日本で何が違うのか?」

専門は途上国の開発を研究する「開発経済学」であり、最近は、東アジアの経験をふまえながら、最も貧困問題が深刻なアフリカの開発戦略について研究している。
要点を言えば、貧困問題の解決には、製造業の発展による雇用創出が重要であり、そのためには人材育成、特に企業家の育成が何よりも重要である。特に日本的な経営であるカイゼンを研修によって教え込むことが、アフリカの産業発展位有効であるというものである。しかしよく考えてみると、基本的な考え方は、日本経済の再生とか地方創生にも当てはまるのではないかと思うようになった。
報告を通じて出席される皆様からもご意見を伺いたい。

<講師略歴>
・1971年 北海道大学農学部農業経済学科卒業
・1974年 東京都立大学社会科学研究科修士課程修了
・1979年 シカゴ大学より経済学博士号(Ph.D)取得
・1991年 東京都立大学経済学部教授
・2001年 国際開発高等教育機構プロフェッショナル
      フェロー・政策研究大学院大学連携教授
・2010年 政策研究大学院大学教授
・2011-12年 世界銀行主任研究員
・2016年 神戸大学社会システムイノベーションセンター特命教授
      ジェトロ・アジア経済研究所上席主任調査研究員

<受賞>

2010年 紫綬褒章受章
2018年12月 学士院会員

申し込みは電話(06-6345-1150)

または下記のフォームからお願いします。

https://www.kobe-u.com/ryoso/event/post_1342.html


神戸凌霜午餐会第1531回例会(2019.04.10)

日時:平成31年4月10日(水)12時から14時

会場:湊川神社「楠公会館」2F  菊水の間  

講師:神戸大学大学院保健学研究科長・教授    木戸 良明 氏                    

演題:「神戸大学で取り組む認知症予防"コグニケア"について」

会費:2500円 

講師は、1986年に神戸大学医学部を卒業し、神戸大学医学部第二内科(当時)に入局。市立伊丹病院での臨床研修の後、神戸大学で医学研究を開始。1996年に学位取得後、1997年より米国国立衛生学研究所(NIH)に客員研究員として留学。1999年より、米国コロンビア大学糖尿病センターの客員研究員に。2000年に帰国後、神戸大学大学院医学研究科助教、講師を経て、2010年より、神戸大学大学院保健学研究科教授。保健学研究科副研究科長を経て、2016年より保健学研究科長。専門は内科学、特に糖尿病・内分泌。

 糖尿病は、現在世界で4億人を突破し、日本でも1000万人が罹患している国民病とも言える疾患である。また、糖尿病に罹患していると認知症の発症が3〜4倍に上昇することが明らかとなっている。認知症はまだ特効薬の開発には成功していない。以上のことから、認知症の対策は予防が注目されている。糖尿病を含む生活習慣病を予防・治療し、認知症に特有の脳機能の訓練が有効と考えられるが、神戸大学ではこれまでに蓄積した知見を中心として認知症予防プログラムを開発し("コグニケア")、神戸市民、兵庫県民、神戸大学卒業生に提供する試みを開始した。コグニケアについての現状と目標を解説していただきます。

奮ってのご参加をお待ちしております。

聴講申し込み・お問い合わせ先:一般社団法人 凌霜会 電話078(805)3833・3834へ

            以上



 
    ホームお問い合わせ
kobe-u.comは神戸学術事業会(神戸大学教職員・卒業生が設立)によって運営されています
2002-2019 (C) kobe-u.com All rights reserved.